ライフハック

午後って眠くない?それを解消する昼寝の効果と方法【人生変わる】

こんにちは!ミニマリストこうだいです。(@koubloginfo)

本日は昼寝についての記事になります。

皆さん、昼寝していますか?

意外と普段からしている人は少ないような気がしますが、あなたは昼寝にどのような印象を持っていますか?

なまけものがすること?
小さい子供がすること?

このような印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

ですが昼寝は全ての人が取り入れるべきです。

実はその昼寝の効果から、Googleなど様々な企業で従業員に昼寝が推奨されているほど昼寝の効果はすごいんです。

今回はそんな昼寝について科学的に書きたいと思います。

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
午後からの作業効率を上げたい人は必見です!!

なぜ昼に眠くなるのか 

そもそもなぜランチの後は眠くなるのでしょうか。

学校で「やる気はあるのに眠い…」という経験は誰しもがあると思います。

でも全てが精神面から来る眠気とは限りません。

よくある眠気の原因を紹介します。

1.睡眠不足(脳の疲れ)

2.モチベーションの低下

3.食事の作用

 1つずつ解説します。あなたの原因はどれでしょう??

1.睡眠不足(脳の疲れ)

多くの成人の人の理想的な睡眠時間は7時間前後と言われています。

6時間半~7時間半といったところでしょうか。

(東大合格者の多くは7時間前後寝ているそうです。)

もし睡眠が不足していれば、脳の疲れを取り切れず午後の眠気を誘発します。

※ちなみに長く寝ればいいというのは正しくありません!睡眠は長過ぎるとむしろ死亡リスクの増加につながります。

2.モチベーションの低下

やっぱり「退屈だな」と思いながら作業すると眠くなりやすいものです。

おそらく副交感神経が優位になるからでしょう。

目的意識を持つことや、適切な難易度設定(ちょい難しいぐらいが最適)が大切です。

でもモチベーションを保つのは難しいことですよね😅

3.食事の作用

ランチに糖分が多く含まれている物を食べると眠くなりやすいです。

糖分(特に麺類や白米などの高GI食品)は血糖値を急上昇させ、インスリンの作用によって眠くなりやすくなります。

また普段から脂肪分が多い食事をしている人は昼間に眠くなりやすいという研究があります。これはホルモンバランスの乱れが原因となると考えられているそうです。

昼寝の効果

長くなりましたが、その午後の眠気には昼寝(仮眠)が有効です。

昼寝には夜の睡眠の3倍の効果があると言われています。

そのため午前の疲労回復や、認知能力や注意力の向上から午後の作業効率や学習効率が上がります!

もちろん寝ているので午後の眠気は来ません^^

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
つまりランチ後は眠いのなら寝ましょう、いや、眠くなくても寝ましょう!!!

具体的な昼寝の方法

では具体的な昼寝の具体的な方法について書きます。

ポイントは4つです。

1.昼寝の時間は15分から30分にする。

30分を過ぎると深い睡眠に入ってしまうので、起きてからも眠気が残ってしまいます。おすすめは20分です。

2.午後4時まで終わらせる。

夕方以降に寝てしまうと、夜の睡眠の質が悪くなってしまうので注意です。

3.楽な姿勢で寝る

ベッドやソファで横になってもいいし、机でうつ伏せて寝てもいいです。

寝やすく起きやすい姿勢で寝ましょう。

4.目を閉じるだけでもOK

仮眠は睡眠に入らなくても、目を閉じて視覚情報を断つだけで効果があると言われています。

コーヒー好きにはコーヒーナップがおすすめ

コーヒー好きにはコーヒーナップ(coffee nap)と呼ばれる方法がおすすめです。

やり方は昼寝の直前にコーヒーを1.2分以内で飲んでから20分間寝るだけです。

実はこの方法は普通の昼寝と比べて、スッキリ起きれる上にその後の作業効率をさらに高めてくれるんです。

簡単に根拠を話すと、

コーヒーに含まれているカフェインがアデノシンという脳の疲労物質が溜まるのをブロックしてくれる。またカフェインの覚醒作用が飲んでから約20分後に効くのでスッキリと目が覚めるという感じです。

最後に

いかがでしたか?今回は昼寝についての記事でした。

普段の生活で午後に眠気を感じる方は是非試してみてください!自宅にいる時間が多い今では試しやすいのではないでしょうか。

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
最後まで読んでいただきありがとうございました!

このブログでは、他にも人生がより良くなるような記事をたくさん書いているので、ぜひ他の記事も覗いてみてください!それではまた👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です