ライフハック

7年ニキビに悩んだ僕が気付いたスキンケアのまとめ【特に学生向け】

こんにちは!ミニマリストこうだいです。(@koubloginfo)

いつも読んでいただきありがとうございます!

今回はスキンケアがテーマということで、中学二年からニキビや肌荒れに悩んでいた僕がニキビ肌の改善法を解説します!

・色々試したけどニキビが治らない

・これからスキンケアをしたいけど何をすればいいかわからない。

そんな方に向けた記事です!

参考になれば嬉しいです。

この記事で学べること

・根本から肌を治す考え方が知れる
・具体的なスキンケアの基本がわかるようになる

最初から100点の肌を目指す必要はないと思う

まずニキビや肌荒れの悩みを解決する上で、1つ言っておきたいことがあります。

それは最初から100点満点肌を目指す必要はないということ。

もちろんスキンケアを頑張る目的などにもよりますが、例えばニキビが原因で恋愛が上手くいかない場合、話していて相手が気にならない肌をまずは目指すべきです。

肌は遺伝的な要因もありますし、いきなり100点の肌を目指すと、せっかく改善されていてもストレスが溜まってしうと思います。

まずはチャームポイントを作るのではなく、コンプレックスを解消するぐらいの気持ちで取り組みましょう!

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
そうするとストレスが減って、結果的に上手くいくのでは?

ニキビや肌荒れの仕組み

次にニキビや肌荒れの原因を一緒に確認しましょう。

ニキビと肌荒れは同じものですが、これらは性ホルモンの分泌や乾燥などによって皮脂が過剰に分泌されるとことが原因で始まりです。

皮脂が多く分泌されることで毛穴にたまってしまい、アクネ菌というニキビの原因となる菌が繁殖します。

そしてアクネ菌を退治しようとして免疫により炎症が起こってニキビができると仕組みです!

スキンケアで一番大切なことは外からのケアではない

ニキビ肌を改善しようと思うと、皆さんはまず何を改善しようと思いますか?

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
洗顔や化粧水などのスキンケアではないですか?

しかしそれだけではだめです。むしろもっと意識することがあります。

これは中学二年生からの約7年間ニキビ肌に悩んできた僕の結論ですが、ニキビを治す時に意識するべきランキングはこちらです↓

1位:肌に悪い物を食べない

2位:きちんと寝ること

3位:スキンケアをする

4位:肌に良い物を食べる

この順位に明確な根拠はありません。僕の感覚です

ただここで僕が伝えたいのは、スキンケアだけしても根本的な解決は難しいと思うということ。

「そんなの当たり前だわ!」という方も一緒にここから確認していきましょう。

どうしても治らない方にとっては転機となるかも。

肌は根本から治すことを意識するべし

まず肌を根本から治すとはどういうことでしょうか?

それは先ほど説明したニキビができる仕組みから考えると、皮脂の過剰分泌を防ぐことかなって思います。

もちろん化粧水や乳液が乾燥を防ぎ皮脂の過剰分泌を抑制する効果があることは知っています。

ただそれらは薄い皮膚の出来事でしかありません。もっと深い体の中から綺麗にすることが1番大切です。

実際に僕は高いスキンケア用品を使っている時でも生活習慣を乱せば安い物と同じように肌が荒れます。

逆に普段の生活習慣をきちんとしておけば、高いスキンケア用品はかならずしも必要ではないと思います。

ではここから具体的なスキンケア生活について書いていきます!

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
もちろん体質や年齢によるというのもあるでしょうが、多くの人がこれで多少は治ると思いますから参考にしてみてください。

肌質を改善する食生活とは

最初は食生活からです。

まずは避けるべき食べ物からです。その後で肌にいい食べ物を紹介します。

避けるべき食べ物

ニキビに悪い食べ物は4つあります。

①精製された炭水化物や砂糖

一般に白い炭水化物のことを言います。白米や麺類、パンや砂糖などですね。

これらは血糖値が急上昇するのでインスリンを大量に分泌させて、体内の炎症を引き起こす原因になるので白米なども玄米に変えたいところ。

僕は玄米と白米を半々で米を炊いています。

②小麦粉

小麦粉に含まれるグルテンというタンパク質成分が実は体に悪いことがわかっています。

肌荒れやダイエットを目的として「グルテンフリー」という小麦粉を全く食べない生活を意識している人も多いです。

パン派の人はご飯派にした方がいいですよ!

③揚げ物などの油っぽいもの

唐揚げや豚カツ、ラーメン、ポテト、全部美味しい物ですよね。

でもこれらはホルモンの分泌を狂わし皮脂の過剰分泌の原因になります。

食べるのはたまににしましょう。

④乳製品

乳製品にはアンドロゲンという男性ホルモンが多く含まれています。

これが皮脂の過剰分泌につながってしまいます。

ただ全ての乳製品が悪いというわけではないです。

バターやアイス、チョコレートミルクなどは特に控えましょう。(アイスは大好きだから残念…)

チーズやヨーグルトなどは適量では体に良い物です。

肌に良い食べ物

では肌に良い食べ物は何があるでしょうか。

肌に悪い食べ物を食べないだけでもニキビは本当にできにくくなります。

でもせっかくだからば肌に良い物を食べたいですよね。

ここでは4つ紹介します。

①水

これは意外と見落としがちですが重要です。

水が不足すると肌が乾燥ぎみになり皮脂の分泌が促進されてしまいます。

1日1.5~2Lは飲みましょう。お茶は利尿作用があり△

②豆類

納豆や豆乳、豆腐などですね。

これらは女性ホルモンに似た構造のイソフラボンが豊富なので、皮脂の分泌を抑制してくれます。

③野菜

やっぱりビタミンや食物繊維が豊富なので重要です。

特に重要なのはビタミンBとCです。

アボカドや葉物野菜、トマトなどがおすすめですが、とりあえずは好みの物から食べていけば大丈夫です。

④良質なタンパク質

これらも体を作る上では欠かせません。

加工肉は発がん性があるほど体に悪です。

きちんと肉や魚、卵を食べましょう。

おすすめは良質な油を含んでいる魚やタンパク質の質が良い卵です!

肌質を改善する生活習慣とは

では次に生活習慣についてです。

先ほどにも書きましたが、きちんと寝ることは肌を修復することやホルモンバランスを整えるという意味でも大切です。

ここでは睡眠のポイントを2つ紹介します。まずはこの2つを意識してみてください!

寝る時間と起きる時間を固定する

睡眠は体内時計と連動しているので、毎日同じ時間に寝て起きることは睡眠の質を保つのに必須です。

寝る時間も起きる時間も±30分以内に固定することを目標にしましょう!

7時間は寝る

やっぱり睡眠は量も大切です。

一般的な理想的な睡眠時間は約7時間前後です。

十分に睡眠時間を確保することも忘れないでください。

こちらの記事で睡眠に質を上げる方法を書いているのでよかったら是非!

睡眠の質を改善する方法10選を少し科学的に解説【人生を変えよう】皆さん、昨晩はよく眠れましたか?あんまり寝た気がしない…。なんて方は多いのでは?今回は日頃から本やネットで生活の質を高める方法を調べている僕が睡眠の質を上げる方法の10個厳選して紹介します。...

肌質を改善する外からのスキンケアの基本

最後にスキンケアについて書きます。

あまり手の込んだことをする必要はないです。夜、朝の順でそれぞれ説明します。

(朝)洗顔料→化粧水→乳液→ニキビができたらクリームを塗る

(夜)洗顔料→化粧水→乳液→ニキビができたらクリームを塗る

これだけです。

朝は水洗顔だけでいいです。思秋期で皮脂がテカテカに皮脂が出る人は洗顔料を使うべきかもしれません。

僕が7年間色々試した結果行き着いた神スキンケア用品を貼っておきます。


基本は安い物で大丈夫です!

もっとこだわる人は高い物を使えばいいと思います。

僕も色々な口コミを見てたくさんのスキンケア用品を試したけどこれにたどり着きました。

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
何使えばいいかわからない人はとりあえず上の商品を試してみてください!

最後に

いかがでしたか?今回は肌について書きました。

明らかに肌に悪い生活をしているのにニキビができない人いますよね…

マジで羨ましいですが、体質なので気にせずに頑張っていきましょう!

皆さんの肌活応援しています!頑張ってくださいね😊

ミニマリストこうだい
ミニマリストこうだい
最後まで読んでいただきありがとうございました!

このブログでは、他にも人生がより良くなるような記事をたくさん書いているので、ぜひ他の記事も覗いてみてください!

それではまた👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です